コラム025:オンラインで私がよく使うショートカットキー3選


タブレットやスマホを操作することが増えてきたというものの,まだまだPCを使っていろいろなものを作り出すことは多いと思います。Teach Uの教材も,開発はPCで行います。

今回はいつものコラムと趣向を変えて,普段PC操作で自分が多用するちょっとしたテクニックについて書いてみたいと思います。

「ショートカットキー」

「ショートカットキー」っていうものをご存知でしょうか。

基本的にPC操作はマウスキーボードで操作します。

マウスを奥/手前/左/右に動かすことで,ディスプレイ上のマウスカーソルを上/下/右/左にコントロールし,オブジェクトを移動したり,選択したり,右クリック等様々な操作ができますが,「すべてマウスで」,となると作業効率の悪いことがあります。

「ショートカットキー」というのは,マウスを使わずにキーボードの「単独キーの入力」や「複数のキーの組み合わせ」だけで様々な機能を発動できる機能と思っています。知らない人からしてみたら,ちょっとした裏技みたいに見えます。

学生時代は「中学技術」の専攻だったのですが,パソコントラブルの時は「マウスが使えなくなることがある」という理由で,キーボードだけで操作できるショートカットキーを学科の先輩にいくつか教えてもらいました。その後,卒業論文を書く中でキーボード入力を繰り返したわけですが,時々ミスタイプをすることがあり,それがきっかけで偶然にもショートカットキーを見つけることなんかもありました。

「ショートカットキー」は,アプリの中だけのものパソコン全般のものなど,たくさんあるのですべてを覚えるのは難しいですが,便利なものだけでも知っておくと作業が簡単になるものがありますので,今回はWindowsPCで活用できるもので,自分が頻繁に活用するものをちょっとだけ紹介します。

[Alt]+[Tab] ウインドウ切替(右方向)

キーボードの一番下の段の[Alt]キーと,一番左の列の[Tab]キーの組み合わせを紹介します。オルトとタブなので,個人的に「オルタブ」と読んでいます。

[Alt]+[Tab] ウインドウ切替

どんな機能かというと,PCに表示している数々のウインドウをマウスなしで切り替えることができます。押さえ方は人それぞれでしょうが,自分の場合,

①左親指でAltキーを押さえながら
②左中指でTabキーを押さえ,
③表示したいウインドウのサムネイルになるまでTabキーを連打

します。②の時点で,下の図のような各アプリのウインドウのサムネイル画像(縮小画面)が表示され,③をする度に右方向に選択が進みます。

[Alt]を押しながら[Tab]を押す度に右方向へ選択箇所が移動

[Alt]+[Shift]+[Tab] ウインドウ切替(逆(左)方向)

ちなみに,この状態のまま

さらに人差し指を曲げてShiftキーを押すのを追加すると,選択の方向が逆転し,左方向に進みます。

[Alt]を押しながら[Tab]を押す度に左方向へ選択箇所が移動

オンラインやPowerPointスライド再生中に便利

オルタブは,オンラインで授業する際にとても活躍するショートカットキーです。

Zoomなどを使っていて、PowerPoint等を別に起動している際、うまく別のウインドウに切り替えられず焦るとき,ありませんか。
これは、デスクトップ上にいろいろなアプリのウインドウが重なるように表示されているからで、オンラインツールを使用している時はオンラインツールが一番上(アクティブ)になっていて,他のアプリのウインドウが裏(下の階層)のレイヤーに隠れているためです。

マウスでウインドウを切り替えようとすると、別アプリのウインドウがうまく表示されなかったり,少し時間がかかったりして焦ります。

でも、このショートカットキーを知っていれば、各アプリのウインドウのサムネイル画像(縮小画面)が表示され,マウス無しでアプリを切り替えられるので、マウス仕事を一つ減らすことができます。

困ったら[Windows]+Dキー デスクトップ表示

オルタブ([Alt]+[Tab])を忘れてしまったり,ウインドウがたくさん開いていてウインドウの選択に時間がかかりそうな時は,

[Windows]キーを押しながら,Dキーを押すことですべてのウインドウを隠してデスクトップを一気に表示させることができます。

[Windows]+Dキー デスクトップ表示(WindowsキーにはWindowsマークが記載)

このショートカットキーで,たくさん開いたウインドウをすべて最小化し,マウスを使ってデスクトップ下端にあるアクティブにしたい(表示したい)アプリのアイコンを選択します。

ちなみに,

もう一度[Windows]キーを押しながら,Dキーを押すと,アプリのウインドウ表示は元に戻ってすべて表示されます。

以上,まとめると…

[Alt]+[Tab] ウインドウ切替(右方向)
[Alt]+[Shift]+[Tab] ウインドウ切替(逆(左)方向)
[Windows]+Dキー デスクトップ表示

今回ご紹介した「オンラインで私がよく使うショートカットキー3選」は,WindowsPCのショートカットキーでした。特に,画面が一つしかない環境下ではフル活用します。

ちなみにMacの場合は,たとえば

[command]+[Tab]=ウインドウ切替(右方向)

のように,[Alt]キーを[command]キーに置き換えると同様の機能になることがよくあるので試してみてください。

キーボードとマウスの説明用のPowerPointを作りました

もっと基本的なショートカットキーもありますが,今回は最近のオンライン授業やオンライン研修でよく使うものをご紹介しました。

今回ご紹介した画像の中で用いているキーボードは,実は説明用にPowerPointで作ったものです。

キーを押すと色が反転し,もう一度押すと元に戻ります。用途は説明用ぐらいですが,いずれ公開する予定です。(→2021/05/17 公開しました)

こういうショットカットキーの動画も作ってみました

他のショートカットキー情報

Follow me!

投稿者プロフィール

後藤匡敬
後藤匡敬
GOTOU, Masataka
熊本大学教育学部附属特別支援学校 教諭
熊本大学大学院教育学研究科教職実践開発専攻
 特別支援教育実践高度化コース 非常勤講師(2020年度~)

★「Teach U」管理者
★モリサワUDフォント・エバンジェリスト

★(公財)学習情報研究センター
 「2020年度学習デジタル教材コンクール」学情研賞
★(一社)日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)
 「ICT夢コンテスト2019」優良賞
★令和2年度 熊本大学教育活動表彰 グランプリ(一般表彰区分/共同受賞)
★科研費(奨励研究)2018,2019,2021年度採択 研究代表者

#特別支援教育#ICT#ものづくり
↓↓Teach Uの公式SNSはこちらのアイコンより

コラム025:オンラインで私がよく使うショートカットキー3選” に対して2件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。