塚本研究室の学生がPowerPoint多機能ボタン「マクロボタン」を開発しました


日頃より,Teach Uをお使いいただき,ありがとうございます。

この「Teach U」ですが,私の出身学科である「熊本大学教育学部技術科」の協力を得て運用しております。ちなみに所属していたゼミは「塚本研究室」です。

塚本研究室の学生の卒業論文・修士論文へのアドバイスを7,8年やっていますが,最近は,Teach Uのコンテンツを開発する研究を一緒にしています。

今回,塚本研究室・院生2年の林竜也さん(2020年度)が「PowerPointのマクロ機能を使った教材『マクロボタン』」を開発されました。

塚本研究室 修士2年 林竜也さん(22020年度)

林さんによりますと,「マクロとは,アプリケーションソフトの操作を自動化する機能の一つで,一般的にはエクセルで多く利用されています」とのことです。それをPowerPointに実装したのが,今回の開発教材です。

マクロボタンについてはこちら↓

「マクロ」と聞いただけで「ん?何それ?」となるかもしれません。

今回林さんが開発されたものをざっくり言いますと,

  • 「PowerPointで作った自動アニメーションを好きなタイミングで一時停止・再開できる」マクロボタン
  • 「PowerPointで作った自動アニメーションをもう一度再生できる」マクロボタン
  • 「PowerPoint上に,電子黒板のようなペンや消しゴム機能を付けることができる」マクロボタン

です。林さんが開発した「マクロボタン」を使うと,これらがPowerPointのスライドショー再生中に実行できるようになります。

また,「マクロボタン」を動かすためには,まずパソコンのPowerPointが必要です。林さんがいろいろ説明の投稿を作っていますが,それらは全てWindowsのパソコンでの操作になりますのでご了承ください。そして,ちょっとした前準備が必要です。そのことの説明書きが以下にしてあります。

また,「マクロボタン」は,そのデザインをカスタマイズすることができます。その方法はこちら↓

以下,「マクロボタン」の機能についてです。

これらを使ってみた!という方に,ぜひアンケート調査の協力をお願いできたらと思います↓

「マクロボタン」ということで,ちょっとハードルが高いかもしれませんが,塚本研究室の後輩・林さんの修士論文にご協力をお願いいたします。

PPTMファイルについて~マクロ機能についての留意点~

ちなみに,PowerPointのマクロ機能は,現時点ではパソコンでしか使えません。なので,iPadやAndroid端末では動きません。

PowerPointファイルの通常の拡張子は[PowerPointプレゼンテーション(.pptx)]で,Teach Uの教材は大抵これです。

今回,林さんが開発したものは[PowerPoint マクロ有効プレゼンテーション(.pptm)]です。PPTMファイルと呼ばれます。

以下のサイトには,PPTMファイルについてこう書かれています。

「PPTMファイルは、Mac OS, Windowsを実行しているデバイスで使用可能なソフトウェアアプリケーションによってサポートされています」
https://www.file-extension.info/ja/format/pptm

林さんといえば

実は彼が学部4年生の頃に,以下の理科教材を教材を開発してくれています。

Follow me!

投稿者プロフィール

後藤匡敬
後藤匡敬
GOTOU, Masataka
熊本大学教育学部附属特別支援学校 教諭
熊本大学大学院教育学研究科教職実践開発専攻
 特別支援教育実践高度化コース 非常勤講師(2020年度)

★「Teach U」管理者
★モリサワUDフォント・エバンジェリスト

★(公財)学習情報研究センター
 「2020年度学習デジタル教材コンクール」学情研賞
★(一社)日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)
 「ICT夢コンテスト2019」優良賞
★令和2年度 熊本大学教育活動表彰 グランプリ(一般表彰区分/共同受賞)
★科研費(奨励研究)2018,2019年度採択 研究代表者

#特別支援教育#ICT#ものづくり
↓↓Teach Uの公式SNSはこちらのアイコンより