04037[算数]あそんでみよう!源平碁


小学部3段階を想定。

コロナ禍の中,自宅にいる児童生徒とオンライン会議アプリの画面共有機能を活用して遊ぶことを想定したゲームです。以前作ったTU Parts[A018[TUP]源平碁]をベースに,TU Parts[A047[TUP]矢印が回るルーレット(6分割:文字隠し)]と,TU Parts[A050[TUP]行と列のヒント]を使って作成した,PowerPointで動くゲームです。無料のPowerPointアプリがあれば,タブレットやスマートフォン上で動作します

明治時代に日本に入ってきたと言われている「源平碁」風のゲームを,TU Parts[A017[TUP]押すと色が変わる丸(3色)]を使って作ってみました。二人対戦で,赤と白の碁石を使って,互いに相手の色の碁石を自分の色の碁石で挟んで裏返す,リバーシやオセロのルールと同じです。碁の目を押すと[赤→白→碁盤の色]の順に変わるので,ルールに従って手動で遊んでください(ちょっと面倒ですが…)。

画面共有の配信での難しさの一つに,[配信をされている側]から[配信をする側]に表現を伝える手段,があります。めくりたい碁石がどれなのか,画面共有と音声共有ではなかなか難しいです。 そこで今回,「[あ~く]の『行』ボタン」と,「[1~8]の『列』ボタン」をつけました。『行』と『列』を言葉で指定することで,どこをめくりたいか,相手に伝えることができます。丸いボタンを押すと,線の目印が入り,もう一度押すと,線が消えます。[配信をされている側]の人が「え~っと,[い]の[3]番!」と伝えれば,[配信をする側]の人,すなわちPowerPointをする側の人が操作すれば,ゲームの進行ができます。

下の[Download]ボタンを押すとダウンロードできますので,PowerPointアプリで使ってみてください。

04037[ma]LetUsPlayGenPeiGo
04037[算数]あそんでみよう!源平碁

Teach Uチャンネルより

04037[算数]あそんでみよう!源平碁

使用しているTU Partsの一部を紹介


Follow me!

投稿者プロフィール

後藤匡敬
後藤匡敬
GOTOU, Masataka
熊本大学教育学部附属特別支援学校 教諭
熊本大学大学院教育学研究科教職実践開発専攻
 特別支援教育実践高度化コース 非常勤講師(2020年度)

★「Teach U」管理者
★モリサワUDフォント・エバンジェリスト

★(公財)学習情報研究センター
 「2020年度学習デジタル教材コンクール」学情研賞
★(一社)日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)
 「ICT夢コンテスト2019」優良賞
★令和2年度 熊本大学教育活動表彰 グランプリ(一般表彰区分/共同受賞)
★科研費(奨励研究)2018,2019年度採択 研究代表者

#特別支援教育#ICT#ものづくり
↓↓Teach Uの公式SNSはこちらのアイコンより

04037[算数]あそんでみよう!源平碁” に対して2件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。

次の記事

A050[TUP]行と列のヒント