コラム030:プレゼン教材をオンラインで活用しやすくする


まずは,この中から,四つ葉のクローバーを探してみてください。

見つかりましたか。

これは,オンラインでつながったタブレットをイメージして作った画像でした。Zoomなどのオンラインツールを使い,教師のパソコンのPowerPoint教材(四つ葉のクローバー)を,画面共有機能で共有しているシーンをイメージしています。この画面を,教師とは別の場所で児童生徒が見ています。

ここで一度,子どもの視点になって考えてみてください。今見つけた四つ葉のクローバーの場所を,オンラインでつながっている教師に,どうやって伝えますか。

「う~ん,右の方」と子どもが答えて,教師がパソコンを操作しマウスカーソルを動かして「これ?」「ちがう,もっと上」みたいなやりとりが考えられますが,「ここ」「そこ」などの指示語は場所を共有していないので使えないし,結構難しいのではないでしょうか。

実際,オンラインで授業を始めた2020年の臨時休校中,この現象によく遭遇していました。

そこで考えたのがこのTU Partsでした。

画面上の位置情報を,距離の離れた人同士で共有しやすくするためのものです。「これ」「そこより上」などの相対的な位置を示す指示語が混乱の要因と考え,「[あ]の3」「[え]の5」のように,位置に絶対的な意味づけをしました。画像にするとこんな感じです。

「[8]と[9]の間の[あ]のところ」と伝えれば,はっきり情報を共有できます。言葉で伝える力や相槌を打つ力は求められますが。

TU Partsでプレゼン教材をオンライン仕様にする

TU Partsを使って,プレゼン教材をオンラインで使いやすくできます。今回,その様子を動画にしてみました。よかったら,見てみてください。


このように,オンラインで活用しやすいように考えたTU Partsオンラインを意識したプレゼン教材がいくつかあるので,ご紹介します。

オンラインで活用しやすいように考えたTU Parts

オンラインを意識したプレゼン教材

「オンラインで活用しやすいように考えたTU Parts」を活用した教材

このページで紹介した四つ葉のクローバー探しの答え合わせができますよ↓

イラストで絶対的な位置を示したもの

色で絶対的な位置を示したもの

元々オンラインで活用しやすそうなもの


この記事を執筆している2021年8月20日時点。巷では,新型コロナウイルスの感染拡大がさらに広まっています。テレワークなども推奨されていますが,オンラインで対応する必要性もより高まっているように感じます。今回の情報,必要な方に届いて,役立てていただければ幸いです。

Follow me!

投稿者プロフィール

後藤匡敬
後藤匡敬
GOTOU, Masataka
熊本大学教育学部附属特別支援学校 教諭
熊本大学大学院教育学研究科教職実践開発専攻
 特別支援教育実践高度化コース 非常勤講師(2020年度~)

★「Teach U」管理者
★モリサワUDフォント・エバンジェリスト

★(公財)学習情報研究センター
 「2020年度学習デジタル教材コンクール」学情研賞
★(一社)日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)
 「ICT夢コンテスト2019」優良賞
★令和2年度 熊本大学教育活動表彰 グランプリ(一般表彰区分/共同受賞)
★科研費(奨励研究)2018,2019,2021年度採択 研究代表者

#特別支援教育#ICT#ものづくり
↓↓Teach Uの公式SNSはこちらのアイコンより