00009[自立活動]なにがとおった?(同じ方向編)


主に「4 環境の把握」「5 身体の動き」を想定。

カーテンが開いた隙間を,なにかが通ります。それを当てる教材です。隙間をじっと注視しないと,見えません。スピードが徐々に速くなっていきます。カーテンを開く段階は6段階あるので,児童生徒の実態に合わせて段階をカスタマイズでき,また,好きなタイミングで,ものを動かすことができます。このプレゼン教材は,PowerPointの簡単拡張パーツ「TU Parts」の中の1つ,A056[TUP]カーテン(6段階)を活用し作成しました。

画像はあくまでサンプルで,以下の解説動画[プレゼン教材内の画像を置き換える方法(Windows編)]を参考に,好みの画像に変更することが可能です。先生や友達,家族の顔に変えたり,授業で使う分は,好きなキャラクターの画像に変更したりして,児童生徒の興味に合わせてカスタマイズできます。

00009[ji]WhatCameThrough
00009[自立活動]なにがとおった?(同じ方向編)

このTU Partsを使いました

Follow me!

投稿者プロフィール

後藤匡敬
後藤匡敬
GOTOU, Masataka
熊本大学教育学部附属特別支援学校 教諭
熊本大学大学院教育学研究科教職実践開発専攻
 特別支援教育実践高度化コース 非常勤講師(2020年度)

★「Teach U」管理者
★モリサワUDフォント・エバンジェリスト

★(公財)学習情報研究センター
 「2020年度学習デジタル教材コンクール」学情研賞
★(一社)日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)
 「ICT夢コンテスト2019」優良賞
★令和2年度 熊本大学教育活動表彰 グランプリ(一般表彰区分/共同受賞)
★科研費(奨励研究)2018,2019年度採択 研究代表者

#特別支援教育#ICT#ものづくり
↓↓Teach Uの公式SNSはこちらのアイコンより

00009[自立活動]なにがとおった?(同じ方向編)” に対して2件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。